メーカー別 販売終了・サポート終了のガイドラインのご紹介

各メーカーのテレビ会議製品の販売終了(EOS:End Of Sales)、サポート終了(EOL:End Of Life)のガイドラインをご紹介いたします。

新しい製品をだすためのライフサイクルの一環として、一部の製品が販売終了となると、それらの製品に関連するサポートサービスの提供も終了することになります。販売が終了になって、すぐにサポートが終了するわけではありませんが、ご利用の製品がどのくらいの期間サポートが受けられるのか、知っておくと安心です。
サービス提供の終了のポリシーは各メーカーによって異なりますので、該当するメーカーのページをご覧ください。

なお、本サイトでご紹介している内容は掲載時現在の情報になります。掲載している内容と最新の情報が異なる場合もございますことをご了承ください。

  • Polycom ポリコム

    Polycom(ポリコム)

    Polycom(ポリコム)テレビ会議システムのサービス終了製品に関するガイドラインをご紹介します。

  • Cisco/TANDBERG シスコ/タンバーグ

    Cisco(シスコ)

    Cisco(シスコ)テレビ会議システムのサービス終了製品に関するガイドラインをご紹介します。

  • RADVISION/ラドビジョン

    Avaya(アバイア)

    Avaya(アバイア)テレビ会議システムのサービス終了製品に関するガイドラインをご紹介します。

  • Vidyo ヴィディオ

    Vidyo(ヴィディオ)

    Vidyo(ヴィディオ)テレビ会議システムのサービス終了製品に関するガイドラインをご紹介します。

  • Lifesize/ライフサイズ

    Lifesize(ライフサイズ)

    Lifesize(ライフサイズ)テレビ会議システムのサービス終了製品に関するガイドラインをご紹介します。