Vidyo(ヴィディオ)製品の販売終了、サポート終了のガイドライン

Vidyo

Vidyo(ヴィディオ)テレビ会議システムの販売終了・メーカーサポート終了に関するガイドラインをご紹介します。

本コンテンツ内容は2016年3月までご購入いただいた製品に対応しております。2016年4月以降にご購入された製品については別途お問い合わせください。

なお、本サイトでご紹介している内容は掲載時現在の情報になります。掲載している内容と最新の情報が異なる場合もございますことをご了承ください。

掲載日:2016年3月22日

販売終了について

Vidyoでは、製品が購入できるのは販売終了日まで、もしくは販売終了日前でも在庫がなくなるまでとなります。後継機の計画のあるなしにかかわらず、販売終了の告知を行います。
Vidyoは販売終了後3年の間は、バグ修正と、可能な限り新機能を含むソフトウェアメンテナンスを提供します。また、販売終了後5年の間、製品の技術サポートを提供します。
購入ユーザは製品購入後5年間、製品の技術サポートを受けられます。

Vidyo製品に含まれるもの

VidyoもしくはVidyoが認定したパートナーが販売またはVidyoから提供されてインストールした、ハードウェアベースのVidyoRoomシリーズやサーバ、および、周辺機器、周辺インターフェースカードや周辺システム、リモコンが対象です。

販売終了について

販売終了製品は、購入できなくなりますが、製品を利用しているユーザはサポート終了までソフトウェアライセンスを購入または更新することができます。

ソフトウェアメンテナンスについて

販売終了日以降、Vidyoは全般的に利用できるアンカーリリースは、Vidyo製品のソフトウェアメンテナンスが終了するまで対応します。
アンカーリリースは、Vidyoの製品告知によってアンカーに指定されたリリースです。詳細はVidyoのソフトウェアメンテナンスポリシーをご参照ください。
販売終了日からVidyo製品のソフトウェアメンテナンスの終了日の間で、非アンカーリリースは、Vidyoの製品と互換性がない場合があります。

メーカーサポートについて

ユーザは、サポート最終日までハードウェアの修理や交換、電話やメールでのサポートといったVidyo製品のサービスおよびサポートを受けることができます。
サポート終了後は、修理、交換、その他のサービスは受けられません。
Vidyo製品のサポート終了日は、通常販売終了後5年です。ユーザはサポート終了日までサポートサービスを購入することができます。
製品保証またはVidyoサポートサービスプランに該当する製品については、サービスプランに応じたサポートとメンテナンスサポートが受けられます。

 

サポート終了について

販売終了後のサポートが終了すると、上記で提供されていたサービス提供が受けられなくなります。

サポート終了後も該当製品を利用する場合、VTVジャパンが提供する有償保守サービスの「VTV Care(ヴィティヴィケア)」へのご加入をおすすめします。
VTV Careにご加入いただくと、サポート終了前には提供できた一部のサービス(メーカー製品保証で対応していた内容)は受けられませんが、操作説明やシステム不具合時の障害切り分けなどのコールサポートを受けることができます。

VTV Care:Vidyo(ヴィディオ)のテレビ会議保守サポートのご案内

 

販売終了からサポート終了までのプロセス

vidyo_eol

上記は2016年3月までご購入いただいた製品に対応しております。2016年4月以降にご購入された製品については別途お問い合わせください。

 

関連情報はこちら

Vidyo社が公式サイトで掲載している関連ページやVTVジャパンの保守サポートページへのリンクです。最新情報をお探しのかたはこちらもご覧ください。