テレビ会議システムや周辺機器が故障したら

ご利用になられているテレビ会議システムが「接続できない」「画面が移らない」「音声が途切れてしまう」などの不具合がおきてしまうと、予定されていた会議が中断し、場合によっては大変な機会損失になることもあります。

また、テレビ会議システム本体は問題なくてもリモコンやマイク、良くあるのはケーブルの断線など周辺機器の不具合で会議が開催できないこともあります。

通常テレビ会議の不具合等は購入したベンダーに問い合わせるのがベストなのですが、購入されてから何年もたち、テレビ会議を導入したベンダーがどこなのか分からなくなった、ということがよくあります。

購入したベンダーがもうなくなってしまった、メーカーが日本から撤退してしまった、などというお話もまれにあったりします。

テレビ会議は高価なもので、会社の資産です。修理や必要な部品を購入することで、大切な資産を長く大事に使っていただきたいと思っています。

VTVジャパンでは、他のベンダーから購入された製品の修理や部品取寄せなども行っております。
また、修理中や新規導入までの間も会議開催をご希望の際には、VTVジャパンのテレビ会議レンタルサービスも行っております。
お気軽にお困りになっている状況をご連絡ください。(お問い合わせ先はVTVジャパンのHPにリンクされています。)

製品によっては修理や部品取り寄せが難しいものもございます。メーカーサポートが終了した製品は修理や部品取り寄せはできません。まずはお問い合わせください。

※Polycom VSXシリーズの故障(本体、マイク、マイクケーブル、リモコン)のお問い合わせの際は、有償修理交換にて対応出来る機種かの確認をいたしますので、シリアル番号をご確認のうえご連絡願います。